これらのマウスボタンを使用して効率を上げる

最も一般的に使用されているマウス操作は、ウィンドウの「閉じる」ボタン(右上隅のX)をクリックし、「戻る」ボタン(ブラウザやその他のさまざまなプログラム)をクリックしていることを知っていますか?閉じるボタンまたは戻るボタンをマウスでクリックしてクリックすると、毎日どれくらいの時間を費やしますか?そして、あなたが使っているマウスはどうですか?2つの主要なもののほかにいくつのボタンがありますか?最近のほとんどのマウスには少なくとも4つのボタンがあります(スクロールホイールを含む)。多くの人が気づいていないボタンもあります。なぜあなたの最も一般的なマウスアクションにそれらの余分なボタンを割り当てて、マウスの周りの時間の束を毎日保存しないのですか?

マウスが “プレミアム”マウスメーカー(Microsoft、Logitechなど)のいずれかで製造されていた場合は、ドライバソフトウェアが付属しており、マウスのコントロールをカスタマイズしてマウスの特別な機能を利用することができます。たとえば、MicrosoftではIntelliPoint(以下のリンク)と呼ばれるドライバソフトウェアを提供し、LogitechはSetPointを提供しています。マウスに余分なボタンがいくつかありますが、独自のドライバソフトウェアは付属していない可能性があります(Microsoft IntelliPointソフトウェアではサポートされていないMicrosoft Bluetooth Notebook Mouse 5000を使用しています)。あなたのマウスがこのカテゴリに該当する場合は、Highresolution EnterprisesのX-Mouse Button Controlという素晴らしい無料の製品を使用することができます(下記リンク先)。これは、アプリケーションごとにボタンにアクションを割り当てることを含む、本当に素晴らしいマウス構成オプションの配列を提供します。

X-Mouse Button Controlがダウンロードされると、そのセットアッププロセスは非常に簡単です。

ダウンロードが完了したら、Start / Highresolution Enterprises / X-Mouse Button Controlからプログラムを起動できます。システムトレイにプログラムのアイコンが表示されます

アイコンを右クリックし、ポップアップメニューから[設定]を選択します。プログラムの設定ウィンドウが表示されます

マウスの2つのメインボタン(左と右)の機能を変更したいとは思わないので、ウィンドウの右側の残りのオプションを見ていきます。ミドルボタンとは、3番目の中央ボタン(いくつかの古いマウスにあります)、またはホイールそのものをボタンとして押すことです(ボタンのようにホイールを押すことができるかどうかわからない場合は、今すぐ試してみてください)。 )。マウスボタン4とマウスボタン5は通常、マウスの側面にある余分なボタンを指します。

では、これらの追加のマウスボタンは何のために使用できますか?まあ、明らかにクローズとバックは2つの明らかな候補です。これらの各ボタンは、各ボタンフィールドの横にあるドロップダウンメニューから選択することで見つけることができます

2つのオプションが選択されると、ウィンドウは次のようになります

[戻る]または[閉じる]を選択することに興味がない場合は、リスト内の他のオプションのいくつかを試してみるとよいでしょう。

たとえば、現在のドキュメントを閉じること(現在のプログラムとは対照的に)は、マウスボタン5の使用に適していると判断できます。つまり、Ctrl-F4のキー入力をシミュレートする必要があります。これを達成する方法を見てみましょう。

まず、ドロップダウンリストからSimulated Keystrokesを選択します

Simulated Keystrokesウィンドウが開きます

ページの指示はかなり包括的です。 Ctrl-F4キーストロークをシミュレートする場合は、ボックスに{CTRL} {F4}を入力する必要があります

… [OK]をクリックします。

X-Mouse Button Controlの最も強力な機能の1つは、アプリケーションごとにボタンにアクションを割り当てる機能です。つまり、特定のプログラムを開いていると、マウスの動作が異なります。つまり、ボタンは異なる動作をします。

たとえば、Windows Media Playerを開いている場合、再生/一時停止、次のトラック、前のトラックに割り当てられたボタンを持ち、マウスで音量を変更することができます。これはX-Mouse Button Controlで簡単に行えます。まず、Windows Media Playerを開きます。これにより、次のステップが容易になります。その後、X-Mouse Button Controlに戻り、新しい「設定」を追加します。これは、[追加]ボタンをクリックすることによって行われます

最近開いたWindows Media Playerを含む、実行中のすべてのプログラムの一覧を含むウィンドウが開きます

Windows Media Playerを選択し、[OK]をクリックします。新しい空の「設定」が作成されます

以前の手順を繰り返して、再生/一時停止、次のトラック、前のトラックにボタンを割り当て、ホイールをスクロールして音量を変更します

すべての変更を保存してウィンドウを閉じるには、「適用」をクリックします。

今使用しているすべてのアプリケーションを考え、それらのアプリケーションのそれぞれで実行する最も一般的な単純なタスクについて考えてください。これらのタスクは、アプリケーションごとのボタン割り当ての完璧な候補になります。

X-Mouse Button Controlにはさらに多くの設定オプションと機能があります。セットアップウィンドウを調べるのに少し時間を費やすことをお勧めします。次に、あなたの新しいマウスボタンを使用することを忘れないでください!それらを使用する習慣を身につけてください。しばらくすると、実際に各ウィンドウの閉じるボタンを実際に探すという面倒で面倒な、時間のかかるプロセスにどのように耐えられたのか疑問に思うでしょう。

ダウンロード

X-Mouse Buttonコントロール

高解像度エンタープライズ

このアプリはLogitechのソフトウェアより優れていますか?

@Kalle:このプログラムは、LogitechまたはIntellipointでサポートされていないマウス用です。

中央ボタンの最も便利な割り当てはダブルクリックです。私はそのボタンがそのように機能することに慣れてきたので、それがなければやりにくいです。

私はその中間の「ボタン」/スクロールホイールのことについても知らなかった。 (ボタン部分、つまり)。どのようなスクロールに最適な方法です!大好きです。それは使いやすいです!

altmoveは軽量で、より多くの操作を行うことができますが、ユーザーフレンドリーではありません。

その優れたソフトウェアですが、Warcraftの世界のようなゲームの大部分、Warcraftの凍結王座などではうまくいきません。

このような何かを探しているニースbeinこれはメディアのために最適ですive私のスクロールホイールをボリュームのために私のサイドキーを次と前のトラックとスクロールロックは、私は私のブラウジングのためにスクロールホイールを使用したいときにすべての変更をブロックするシンプルで使いやすい

それを試してみました。その後、それは再生を開始しました。さようなら。私の人生の数時間は戻ってこないだろう。 XMOUSE SUKS DA BIG TAMALES !!!

アクションの定義;クリックマウスを動かさずに、マウスの左ボタンを押して離します。マウスを動かすことなくマウスの中央ボタンを押して離す;右クリックするマウスの右ボタンを押して離して、動かさずにマウス;ダブルクリックマウスを動かさずに、マウスの左ボタンを急速に2回押して離します。ダブルクリックのタイムアウト設定を変更することで、ダブルクリックの感度を設定することができます:詳細はセクション8.4.2 – マウスの環境設定を参照してくださいクリック&ドラッグ

マウスの左ボタンを押したままにしておき、ボタンを押したままマウスを動かし、最後にボタンを離します。

マウスを使用したドラッグは、さまざまな状況で使用されます。これは、マウスで画面の周りのオブジェクトを移動します。オブジェクトは、マウスボタンが離された場所にドロップされます。このアクションはドラッグアンドドロップとも呼ばれます。インターフェイスの要素をクリックして移動することは、グラブと呼ばれることもあります。

たとえば、タイトルバーをドラッグしてウィンドウの位置を変更したり、アイコンをあるウィンドウからドラッグして別のウィンドウにドラッグしたりして移動することができます。

マウスの左ボタンは通常、ドラッグ操作を実行するために使用されますが、マウスの中ボタンは代替のドラッグ操作に使用されることがありますが、クリックしたままにしてマウスの左ボタンを離さないでください。

私がマウスを持っているLogitechドライバよりも優れています。私はすべての私のPC /ラップトップでLogitechのドライバを削除しました。

赤ちゃんは成人よりも多くの骨を持っています;彼らが年を取るにつれ、いくつかの骨(頭蓋骨の板など)が融合して一つの骨になります。