ウィンドウにアクセスする3つの方法8または10起動オプションメニュー

起動オプションはWindows 8とWindows 10では「起動オプションメニュー」と呼ばれる単一のメニューに統合され、デバッグの有効化、セーフモードでの起動、起動モードなどのWindowsの起動動作を変更するための修復ツールやオプションにアクセスできます。回復環境。

ファンクションキーまたはEscを押してブートプロセスを中断し、BIOS設定(UEFI対応システム)に入る日はなくなりました。 Windows 8または10の新しいブートオプションメニューにアクセスするには、3つの方法があります。その方法を示します。

設定画面に移動する代わりに、ブートオプションメニューにアクセスするより速い方法があります。シャットダウン/リスタートメニューを見つけ、SHIFTキーを押しながらRestartをクリックするだけです。それはそれと同じくらい簡単です。

これは、あなたがログイン画面にいて、再起動メニューにアクセスできる限り、Windowsに全くログインしていない場合でも機能します。

これを行うと、完全にリブートする代わりに、ブルーブートオプションメニューが表示されます。 PCのリフレッシュまたはリセットのオプションや高度なツールを使用するには、[トラブルシューティング]をクリックします。

PCのリフレッシュ、PCのリセット、または詳細オプションへのアクセスを選択できます。

以下のオプションは、[詳細オプション]メニューにあります。 Windowsの起動方法(セーフモードでの起動など)を変更するには、スタートアップの設定をクリックします。

次回Windowsを再起動したときに使用できるオプションを示すリストが表示されます。 [再起動]をクリックしてWindowsを再起動し、これらのオプションにアクセスします。

PCが再起動すると、スタートアップ設定メニューが表示されます。数字キーまたはファンクションキーF1〜F9を使用してオプションを選択します。 F10を押すと、1つの追加オプションにアクセスできます。

これらのオプションを使用したくない場合は、Enterキーを押して通常起動できます。

起動リカバリ環境は、F10を押してアクセスする余分なオプションです。他のオプションに戻るには、F10をもう一度押します。

最初と一番の方法はPCの設定です。 Windowsキー+ I(大文字の「i」)を押して、「PC設定の変更」をクリックします。 Windows 10の場合、これは[スタート]メニュー – > [設定]ボタンになります。

Windows 8の場合

左側の[全般]オプションをクリックし、[詳細設定]の[今すぐ再起動]をクリックします。これにより、通常の再起動処理が開始され、Windowsがシャットダウンすると自動的に中断されます。

Windows 10の場合

設定を開き、[更新とセキュリティ]に移動し、左側のメニューで[復旧]を選択します。ここから、[拡張スタートアップ]オプションを選択できます。

明らかにShiftキーを押しながらRestartを押すともっと簡単になります。

最後の方法は、コマンドプロンプトを使用してコマンドを入力することです。コマンドプロンプトウィンドウを開くには、Windowsキー+ Dキーを押してデスクトップにアクセスします(存在しない場合)。画面の開始ボタンが表示されるまで、デスクトップの左下の極端にマウスを移動します。右クリックしてWin + Xメニューにアクセスし、メニューからコマンドプロンプトを選択します。

注:Win + Xキーを押してこのメ​​ニューにアクセスすることもできます。

プロンプトで次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

shutdown.exe / r / o

注:/ oスイッチは、/ rスイッチと共に使用する場合にのみ機能します。

画面の中央に、サインオフしようとしていることを警告するメッセージが表示されます。 Windowsが自動的に再起動します。

Windows 8には、OSが正常にロードされたかどうかを検出する「自動再起動後の再起動」機能が含まれています。システムが自動的にブートオプションメニューに再起動され、トラブルシューティングオプションにアクセスできます。

クール、私はこれを知らなかった!それをしてください。

これらの方法の巨大な欠陥は、誰かがこの画面に入ることを望んでいるときのほとんどは、リブートする前に知っているものではない何らかのブート問題を抱えているということだから、それは鶏と卵です。 MSはこのような状況でF8を許可していましたが、今はWindowsに頼って、問題が発生してメニューが自動的に起動されていることに気づかなければなりません。

Win + R >> bootim >> OKをクリックします。完了:D

Windows 8 = Windows Failです。確かにどんな価格でアップグレードする価値はありません。私がVistaでやったように、Windows 7に固執し、8を完全に無視する。

また、Shift + F8

起動時にEscキーを押すと、BIOS設定が表示されます。電源を入れたら直ちにEscキーを押し続ける。

@Chris King; BIOS設定= / = Windowsセーフモード、)

1400年に放棄されたにもかかわらず、コスタリカのGuayaboの人々によって建設された水道はまだ機能しており、2009年には土木技術者協会の国際歴史的土木工事のランドマークと宣言されました。