ターボボタンは初期のパーソナルコンピュータにどのような影響を与えましたか?

回答:プロセッサーが遅くなりました

何十万人もの若いコンピュータユーザーにとって、「Turbo」ボタンは、大部分のコンピュータの病気を解決する神秘的なパワーブースターのようなものでした。それを除いて直感的には、ターボボタンは決して速度を上げるのではなく、コンピュータの速度を落とすように設計されていました。

コンピューティングの初期段階では、プログラマはタイミングのためにプロセッサの速度に大きく依存していました。その結果、初期のPCゲームのような数千のアプリケーションは、アプリケーションのイベントのタイミングを管理するためにプロセッサの速度に依存していました。たとえば、66MHzシステムで33MHzシステムで再生することを目的としたゲームをプレイした場合、ゲームは2倍高速で実行され、再生できなくなります。 Turboボタンはハードウェア互換のツールとして機能し、ターボを反転するとプロセッサが遅くなり、古いソフトウェアが正常に動作するようになります。

現代のコンピュータでは、このプロセスはオペレーティングシステムまたはエミュレーションソフトウェアによって処理され、ターボボタンは5.25インチフロッピードライブの途中にあります。