世界で最も長く走っている会社は何ですか?

答え:KongōGumi Co.

米国では、金融会社のような長寿の機関では1世紀か2年の長寿を主張することは珍しいことではありません。しかし日本では、何世紀にもわたる家系、そしてここでは何千年もの世代を誇ることは、企業にとってあまり知られていません。

そのような企業の1つは、578年に始まった日本の建設会社であるKongōGumi Co.であり、日本の有名な建造物および寺院建設会社に成長しました。同社は2006年まで継続的に(そして同じ家族によっても、それ以下で)運営されました。困難な時期に落ちた後、1,428歳の会社は別の建設会社である高松株式会社に吸収されました。

コノトゥミは、もはや独立したものではなく、高松の子会社として暮らし、仏教寺院の建設に特化し続けています。