誰が蓄電ユニットを記述するために “バッテリー”という言葉を作ったのですか?

答え:ベンジャミンフランクリン

現代におけるバッテリーという言葉の最も一般的な使用方法は、懐中電灯からスマートフォンまであらゆるものに電力を供給する小さな驚異であるエネルギーを蓄えるために一緒につながれた小さな一連の電気セルを参照しています。

しかし何世紀にもわたって、電池は小型のエネルギー電池ではなく、軍事砲兵の集合体であった。ベンジャミン・フランクリンが18世紀半ばに電気学の研究で挑戦していた頃、それは大砲の群を描写するのに用いられました。

フランクリンが初期の非常に簡単な電気コンデンサーである大規模なライデンジャーのグループのデモンストレーションに出会ったとき、彼は大砲のグループを思い出し、そのバッテリーを大砲。

電気セルの微細化の速度が非常に遅いため、セルのアレイは、しばらくの間、電池のような外観を維持し、フランクリンの用語「スタック」の使用を維持した。ほぼ3世紀後、電池は電気セルのすべての用語をキャッチとして支持していない兆候を示していません。