usbデバッグとは何ですか?アンドロイドで有効にしておくと安全ですか?

Androidの携帯電話で高度な操作を試みたことがある人は、「USBデバッグ」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。これは一般的に使用されているオプションで、Androidの[開発者オプション]メニューの下にきれいに収められていますが、多くのユーザーがもう一度考えなくても有効にして、実際に何をしているのかわからなくても。

たとえば、ADB(Androidデバッグブリッジ)を使用してNexusデバイスでファクトリイメージをフラッシュしたり、デバイスをルートしたりする必要があった場合は、USBデバッグを既に使用しています。 。

要するに、USBデバッグは、AndroidデバイスがUSB接続を介してAndroid SDK(ソフトウェア開発キット)と通信する方法です。これは、AndroidデバイスがPCからコマンド、ファイルなどを受信することを可能にし、PCがAndroidデバイスからのログファイルのような重要な情報を引き出すことを可能にする。そして、あなたがしなければならないことは、それを実現させるためのボタンに目を向けることです。きちんとした、そう?

もちろん、すべてには欠点があり、USBデバッグの場合はセキュリティです。基本的には、USBデバッグを有効にしたままにすると、USB経由でデバイスが接続された状態になります。ほとんどの状況下では、これは問題ではありません。電話機をパーソナルコンピュータに接続している場合、またはデバッグブリッジを使用する意図がある場合は、常に有効にしておくことが理にかなっています。この問題は、公衆充電スタンドのように、携帯電話を馴染みのないUSBポートに接続する必要がある場合に発揮されます。理論的には、誰かが充電ステーションにアクセスした場合、USBデバッグを使用してデバイスからの個人情報を効果的に盗み出すか、何らかのマルウェアをそのデバイスにプッシュすることができます。

良いニュースは、Googleの安全ネットが内蔵されていることです:USBデバッグアクセスのためのPC単位の許可。 Androidデバイスを新しいPCに接続すると、USBデバッグ接続の承認を求めるメッセージが表示されます。アクセスを拒否すると、接続は決して開かれません。大きなフェールセーフですが、それが何であるかわからないユーザーは、接続がすべて無制限であると認めるかもしれませんが、それは悪いことです。

他に考慮すべきことは、紛失または盗まれた場合のデバイスのセキュリティです。 USBデバッグが有効になっていると、悪意のあるユーザーは、ロックされた画面が保護されていても、デバイス上のすべてのものに効果的にアクセスできます。また、デバイスが根元にある場合は、放棄することもできます。その時点で、デバイスを停止することは実際にはありません。実際には、所有するすべてのデバイスにAndroidデバイスマネージャがインストールされていることを確認する必要があります。紛失または盗まれた場合は、リモートでデータを消去できます。

正直なところ、あなたが開発者でなければ、USBデバッグを常に有効にしたままにする必要はないでしょう。それを使用する必要があるときに有効にして、終了したら無効にします。それはそれを処理するための最も安全な方法です。確かに、それはやや不便です。それはトレードオフの価値がある。

緑色、白色、黄色、烏龍茶、黒、および紅茶はすべて同じ植物Camellia sinensisに由来しますが、様々なレベルの酸化と風味を創出するために処理が異なります。